2005 パラオV 8日間

一人旅だよーん

またまたパラオなのでした。職場の白い目を一身に浴びつつ、それでもワタクシはしょ
ーこりもなくずんずんわが道を歩むのでした。3回目なので、ちょっと馴
れちゃったパラオ。そのせいか、私は旅立つ直前まで、荷物をまとめませんでした。



12月9日AM9:38

今、千歳空港に向かうバスの中でちゅ。スキップはきのう、Yの家に行きました。おしっこの事
が心配なんだけど、閉じ込めたらかわいそうだと、家中、新聞紙を敷き詰める・・・・なんだか嬉
しくて、涙が出た・・・・ありがとおお!Y家!
スキップのこと、こんなに心配してくれるのは、世の中広しといえども、私の他にはY家だけだ。


今朝はぎんさんを、病院に預けてきました。なんか院長が電話でごちゃごちゃ言ってきて・・・・・
ああ、ムカつく!通院してるネコだっていうのに、「16歳にもなったネコちゃんでは不安なので
ねー」「あ。受診してるんですかあ?」・・・さっき受け付けの女性にカルテ番号まで言いました
が・・・カルテくらい見てよねーーそれとも健康状態が不安な治療をしていますか?高齢だけ
ど、問題はないと判断できないなら、預けて旅行には行かないですーー


なにはともあれ、私はバスに乗り、今千歳に向かっています。天気ははれ!
ほーーらごらんなさい!ホーーーーッホッホ!

ね?大丈夫でしょう?吹雪の予報だったけど、ピーカンよん。晴れ女健在!
しかしだなー・・・今回のこの旅行、もちょっと、ワクワクしても良くない?なーんかバスに乗って
もまだ日常の中に、いるのよねえ。

AM11:25千歳空港

今はゲートの待合所。ビールを飲みつつ、喫煙所でコレを書いています。みんな旅の始まり
に、とっても楽しそう!私はなんだか、ワクワクもぜすに・・・空港のおみやげ屋さんも見て歩い
たけど、北海道のヒトが北海道のものを見ても、なんだかつまらないのですぐに切り上げたの。
なんかこーなったら、早くコロールに着きたいーーー

PM1:00千歳→グアム

今飛行機は飛び立って、安定しました。やっぱりコンチネンタルの機内は寒い!
あれから空港の喫煙所は盛り上がった。結婚式にグアムに行くという団体さん、サイパンに一
人旅というYちゃん。彼女とは話が合って、おしゃべりも楽しかった。

今、スッチーから入国カード等が、配られました。私はなーんにも言ってないのに、
「乗り継ぎですか?パラオ?」と言われた・・・・・なぜだ?なぜわか
るのだ?
パ・・・パラオ顔とかあるんだろうか?だって、乗り継ぐ先はグアムからはいっぱいあるのに。

ただ今、富士山の見えるところを通過しました。機内食は、シーフードサラダ、サンドイッチ、チ
ョコレートムース・・・このサンドイッチはホットサンドだけど、いまいち・・・チーズがほとんど溶け
て、流れ出してしまっていたのだった。
映画は「サハラ」音がうるさいのと、イヤホンの接触が悪くて聞き取りずらく、おまけに時々聞こ
えなくなるの。ゆっくり見られなくて、途中でやめました。




PM4:00

うとうと眠ったり、本を読んだりして、あと1時間位で、グアムに着きます。さっきまで、なぜか窓
の外に丸い虹が見えていたのよー。あれは何だったんだろうか?写真撮ってみたけど、写って
いるかどうか・・・。そうだ、私は時計を持ってくるのを忘れたわ。携帯あるからいっか。
トコロデこの飛行機、リゾートシャトルというのだが、「リゾート」を演出するパフォーマンスのつ
もりなのか、乗るときコンチのおぢさんが「おおーーゆりちゃあーーーん!」なんて言ってたよ。
つくづくこういうヒトにかまわれがちな、ワタクシ。
早くグアムに着かないかな?今まで、2回のパラオでまわりのヒトのテンションが、いまいち低
いと思っていたけど、わかる気がしてきた。
今までは、飛行機に乗ること自体が、レジャーだと思っていたんだけど・・今はねえ・・
馴れ」って恐ろしいーーーー
コンチのおぢさんとか言ってた人はパイロットでちた。・・・・えへ。




PM7:30グアム→パラオ

今までずっと、グアム空港のフードコートで、千歳で知り合ったYちゃんとビールを飲んでいたの
だ♪話や、価値観が合うし、楽しい。お互いの色んなことを話して、ちっともたいくつしないどこ
ろか、本当に楽しかった!ビールを奢ってくれたYちゃん、さんきうううう。

この旅が終わったら、札幌で飲もうという話になって、盛り上がった。
彼女はサイパンに向かうので、ここでお別れ。

Yちゃんです。グアム空港で。


もう日本人は少ないなあ。ううーん、やっと少しだけ、日常っぽくなくなったんだけど。
まわりはミクロネシアのヒトが多いよー白人さんも多い。ダイビングかなあ?
私はビールで少し酔っ払っています。ビール買いに行ったら、カウンターで美人の女性と一緒
の、白人男性に「NAMA?」といわれ・・・「YES.NAMA・・・is Fresh Beer」と言ったら。
ふふ・・・・と、彼は小さく笑い「King of beer」と、きっぱり言った。
た・・・たしかに!バドワイザーだからねえ。



グアムの乗り継ぎ時間は、楽しかった。ほんとに彼女との出会いは良かった。
旅に出るたびに、出会いがあるねえー
さあ!パラオだ!
機内食はまたしてもチーズがほとんど溶けてなくなったサンドイッチだ。う
うーむ。それでもおなかが、ちょうど良くなってしまった。もうパラオに着いてもごはんはいらない
かも。それとフルーツと、コーヒー。
もうまわりは英語だらけ。もしかしてこの飛行機はヤップを経由しないのかもねえ。そういうアナ
ウンスないものねえ。

PM10:50ニューコロールホテル

パラオに着いたようううーーー♪飛行機の中では隣のローカルなおばさんが、ガムをくれた
ミント味の。
私はこう見えても繊細で(ほんとか?)ミントのアレルギーがあるのだ。しかし・・私はもしかして
具合が悪くなるかもしれないけど、食べた。嬉しかったのだった。
そして、降りる段階になって、具合が悪くなったのは、私じゃなくて、少し手前の席の小さいおぢ
さんだった!

いきなり
カクン!と、倒れたのだった!私は焦った!
「やばい!私・・・蘇生しますかああ?
本番ですかあああ??」
・・と思ったけれども、彼は息を吹き返し、・・・って呼吸はあったのかも・・・
とにかく、立って、飛行機を降りたのだけど、明らかに顔色が悪く、また歩いていて
さらに倒れた!

白人のカップルが心配して声を掛けていたのだけど、おろおろした私の焦りように、スチュワー
ドが気がついて走ったので、ほっとした。
車いすで、彼は運ばれてきたけれど、顔はびっしり油汗をかいて、苦しそうだった。

荷物を受け取って出ると、ローカルのおばちゃんが私の首に、小さな白い貝でできたレイを掛
けてくれた♪すてきな笑顔で、やさしく掛けてくれた。すっごく嬉しかった
「Welcome to Palau」と、言ってくれた。なんだかこんなコトが、とても嬉しい。

ホテルのお迎えのベトさんと、ノリさんはフィリピン人。ニューコロールホテルに10年も勤めてい
るそうだ。ゲストは私一人なので、乗用車で来た。とてもフレンドリーで楽しい。
パラオにはたくさんのフィリピン人が働いている。ニューコロールホテルは安いだけが取り柄
の、アパートみたいなところ。でも立地条件はなかなか良い。安いだけに、暮らしている人たち
もいるくらい。

彼らとフィリピンの味噌汁といわれる、シニガンというスープの話や、パラオの橋が落ちた話を
しながら、ホテルに着いた。そして私はなにはともあれ、サイフをつかんで、WCTCに走った!
だって閉まっちゃうよおおーーーー

アサヒビール3本と、水と、バナナブレッドと、ポテトチップと、チョコ
レートドリンクを買って、ホテルに戻る。で、カメラの用意をする。はあ・・・ドキドキ。
実はPCを新しくしたので、便乗して、デジカメを買ったので、つい水中プロテクタなんてもんを
買ってしまったのだった。バスタブがないので、ゴミバコに水をためて、テストした。大丈夫だと
思うんだけど・・・こ・・・これでいいのかな?ドキドキ・・




ところで、サイパンのYちゃんは元気でビール飲んでいるかな?何か、気があったから別れた
のが名残惜しいけど、お互いにいい旅行になるといいなあー



トップへ
トップへ
戻る
戻る



inserted by FC2 system